2020年第36回臨時大会のお知らせ

 

講演会

日時  2020年10月25日(日)14:00~17:00
場所  Zoom(会員)、Youtube Live(一般)

テーマ:「哲学対話と実存

ご講演:「子どもとの哲学対話――学校教育のムーブメント」田端健人氏(宮城教育大学)

ご講演:「哲学対話と社会的包摂――新たなコミュニティを求めて」梶谷真司氏(東京大学)

司会:齋藤元紀氏(高千穂大学)

ZoomのミーティングURLに関しましては、後日会員連絡にてお送りいたします。なお、Zoomの仕様上、参加人数に上限がございます。当日参加できなかった場合は、Youtube Liveからご参加ください。何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願いいたします。
登壇者への質問は、Slidoからも承っております。Youtube Liveからご参加の方は、Youtubeのチャットではなく、Slidoからご質問ください。
講演会終了後、Zoomでの懇親会を予定しております。ご参加希望の方は、講演会終了後、待機していただければ幸いです。懇親会へのご参加は無料になります。なお、Zoomの仕様上、参加人数に上限がありますので、ご参加できない場合もございます。何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

※当日の資料になります。こちらからダウンロードしてください。

 

個人研究発表 (発表25分、質疑応答20分)

日時  2020年11月1日(日)13:00~17:00
場所  Zoom(参加申込みは各会場のリンクから承っております。)

A会場 (お申込みはこちら

13:00~13:45 石橋諭氏(一橋大学) 司会:竹内綱史氏(龍谷大学)

「中期ニーチェにおける文体理解――初期からの変化を踏まえて」

14:00~14:45 佐藤香織氏(神奈川大学) 司会:木元麻里氏(川村学園女子大学)

「ミケル・デュフレンヌにおける「準−主観」――デュフレンヌ『美的経験の現象学』における「作品」と「鑑賞者」」

15:00~15:45 加藤之敬氏(上智大学) 司会:梅田孝太氏(上智大学)

「初期ニーチェの自由概念――自己解放と自己実現」

16:00~16:45 小田麟太郎氏(京都大学) 司会:宮崎裕助氏(新潟大学)

「ナンシー自由論の解明―「物の力としての自由」の存在論的射程について」

B会場 (お申込みはこちら

13:00~13:45 宮川大河氏(元学習院大学) 司会:丸山文隆氏(東京大学)

「前期ハイデッガーのカント解釈」

14:00~14:45 鈴木優花氏(慶應義塾大学) 司会:田村未希氏(東京大学)

「歴史への覚悟と共同体」

15:00~15:45 廣田智子氏(山口県立大学) 司会:関口浩氏(早稲田大学)

「ハイデガーにおける「固有なもの」概念について」

16:00~16:45 山中健義氏(学習院大学) 司会:轟孝夫氏(防衛大学校)

「ロムバッハにおける「外典的な思惟の歴史」―『実体・体系・構造』の方法論について」

個人研究発表会終了後、Zoomでの懇親会を予定しております。ご参加希望の方は、個人研究発表会終了後、待機していただければ幸いです。懇親会へのご参加は無料になります。なお、Zoomの仕様上、参加人数に上限がありますので、ご参加できない場合もございます。何卒ご理解ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

 

じつぞんカフェ

第4回じつぞんカフェ
「悪ってなに?」

日時:10月25日 11:00~12:30

場所:ZOOMミーティング
主催:実存思想協会
定員:30名(要事前予約、先着順、1グループ最大15名まで)
料金:無料
申込:下記連絡先までご参加希望者の氏名とメールアドレスをお知らせください
※非会員の方もご参加可能です。皆様のご参加お待ちしております。
  •  
  •