実存思想論集XXXIV 『ウィトゲンシュタインと実存思想』(2019年6月発行 知泉書館)

野矢 茂樹 ・・・・・・・・・ 空間・時間・自由

荒畑 靖宏 ・・・・・・・・・ 引き受けえないものを不当に引き受けること――『論考』を実存主義風に読むと――

古田 徹也 ・・・・・・・・・ まだ説明は終わっていない――意志の自由をめぐるウィトゲンシュタインの思考――

入江 俊夫 ・・・・・・・・・ 「可能的なもの」と「パースペクティヴ」の哲学者としてのウィトゲンシュタイン

 

 

佐野 之人 ・・・・・・・・・ 西田幾多郎の根本経験

田代 嶺 ・・・・・・・・・ ショーペンハウアーの餓死論

内記 洸 ・・・・・・・・・ 『歎異抄』における善悪の問題

馬場 智理 ・・・・・・・・・ 自由と責任――キルケゴール倫理思想とその現代的展開の可能性

 

〔書評〕

信太 光郎 ・・・・・・・・・ 森一郎著『世代問題の再燃――ハイデガー、アーレントとともに哲学する』・『ハイデガーと哲学の可能性』

若見 理江 ・・・・・・・・・ 小田切建太郎著『中動態・地平・竈――ハイデガーの存在の思索をめぐる精神史的現象学』

古荘 真敬 ・・・・・・・・・ 串田純一著『ハイデガーと生き物の問題』

景山 洋平 ・・・・・・・・・ 大橋良介著『共生のパトス』

田端 健人 ・・・・・・・・・ 岡田紀子著『まどみちお詩論』

平出 貴大 ・・・・・・・・・ 鬼頭葉子著『時間と空間の相克――後期ティリッヒ思想再考』

『実存思想論集XXXIV』誤植のお詫びと訂正のお知らせ

『実存思想論集XXXIV』 に誤植がございました。深くお詫び申し上げますとともに、 下記のとおり訂正させていただきます。


p. 207 実存思想協会活動報告
【誤】「ヤスパース哲学における内的行為としての実存概念ーヤスパースのキェルケゴール受容に即して」
【正】「ヤスパース哲学における内的行為としての実存概念ーヤスパースのキェルケゴール受容に即してー」

【誤】  中山元紀
【正】  中村元紀
【誤】  成城大学 村瀬鋼 
【正】 司会  成城大学 村瀬鋼 

以上
  •  
  •